吉祥寺手技療法院

頻繁な偏頭痛

年齢問わず、今、大変多くの方を悩ませている症状が「偏頭痛」です。


その主な原因は「眼精疲労」と「脳ストレス」、そして「自律神経の乱れ」です。
「自律神経の乱れ」については「自律神経失調症」で触れるとして、ここでは、「目」と「脳」の疲れについてお話したいと思います。

 目や脳は、意識していないところで常に動き、疲労しています。
たとえば蛍光灯の光から出る電磁波や、スマホやパソコンによる目の刺激。仕事や社会不安、人間関係による脳ストレスなど、現代人は無意識のうちに目と脳を酷使しているのです。

 偏頭痛を解消するための一番の方法は、いかに目や脳を休ませるかです。
頭痛薬を飲むことで一時的に痛みは和らぎますが、それはむしろ身体をだまし、痛みの原因を抑え込んでしまうことになります。つまり、赤信号である痛みだけを感じさせなくすることで、かえって疲労をため込むことになるのです。症状が日に日に悪くなっている場合は、こうした薬に寄る悪循環が考えられます。

 その点、頭痛薬を使用しない改善方法として手技療法はとても効果的です。
手技療法では、直接頭と首の緊張をとる施術を行います。それによって、直接脳や目の血の流れをよくし、疲労物質や老廃物を代謝させることができます。つまり、従来人間が持っている自然治癒力を取り戻させることにより、無理なく疲労を軽減し、おのずと症状を取り去る施術なのです。







吉祥寺手技療法院 院長:平住 周恵
平住 周恵(ひらずみちかよし)近影
ご予約方法
お電話:0422-27-1196
営業時間:9:00~19:00(日・祝は定休)
お問合せフォーム(24h)はこちら