吉祥寺手技療法院

自律神経失調症

人間の身体は、常に調子を整えようと働いているものです。この機能が自律神経です。



自律神経が正常に働いていれば、どこか悪いところを見つけると、自らそこを修復し元に戻そうとします。つまり、自律神経が正常に働くことで、人は心身ともに健康な毎日を心地よく過ごすことができるのです。

 自律神経失調症とは、なんらかの理由でこのバランスを維持する機能がうまく働かなくなり、元に戻れなくなっている状態です。

 なんとなく毎日身体がだるい。頭がぼーっとしてうまく働かない。
偏頭痛で苦しんでいたり、胃腸の働きが悪くて便秘や下痢になったり、生理不順や生理痛に悩まされたり…現代病と呼ばれているほとんどの症状は、自律神経失調症と関係があります。

 先程もお話したように、自律神経失調症の原因は身体機能の低下ですから、薬による治療で一時的に症状を抑えることはできても、根本的に改善することはできません。

 手技療法では、食事のバランスや生活習慣を見直し、何が原因でその人の身体のバランスが乱れているのかを判断し、施術していきます。

 たとえば、全身の緊張が感じる、あるいは、身体がだるいなどの不快感がある時には、背骨や首の筋肉を伸ばし、ゆがみを矯正していくことで、症状を改善させます。
また、お腹の張りや重さを感じる時には、手技によって直接腹部の緊張を緩め、腸と関係のある骨盤を矯正することによりうまく血流が周り、胃腸の働きを良くしてくれます。

 当院では、施術と平行して生活習慣についてのアドバイスもさせていただきます。ご自分の生活の何がいけなかったのかを理解し、それを改めることで根本的に症状が改善されることが多いのです。
ちょっとした不調でも、我慢を続けていると気持ちまで落ち込んでしまいかねません。原因がわからない身体の不調を抱えている方、どうぞ早めに当院にご相談下さい。








吉祥寺手技療法院 院長:平住 周恵
平住 周恵(ひらずみちかよし)近影
ご予約方法
お電話:0422-27-1196
営業時間:9:00~19:00(日・祝は定休)
お問合せフォーム(24h)はこちら