吉祥寺手技療法院

手技療法について

「手技療法」というのは、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。


簡単に説明すると「身体を育てる」つまり、「体育」の考え方です。

現代の西洋医学には、「人の身体を治す」という考え方はあっても、「より良く育てる」という考え方はありません。 たとえば「偏頭痛」になったときには、頭痛薬を飲み、「一時的に症状を抑える」対症療法が一般的でしょう。

いわゆる現代病と言われる、治療が確立されていない症状に対しても、 基本的に表面的な症状の消失あるいは緩和を主目的とする治療法を採ります。 けれども、多くの現代病はその人の「身体の弱さ」が原因です。薬を飲み続けてもなかなか身体がすっきりしないのはそのためなのです。
結果的に、一般的な現代医学の対症療法と「手技療法」…どちらを施すかで身体はまったく違った方向に変化します。 「対症療法」のほとんどを占める投薬は身体を疲弊させますが、「手技療法」では、 症状が起こらないような「真に健康な強い身体を作る」ための「体質改善」を目指すからです。 生理痛、自律神経失調症、偏頭痛、うつ、よくわからない筋肉や関節の痛みなど、 これらには必ず身体的な原因があるため、対症療法では治せません。

また、同じ整体治療でも一般的には、「肩こり」や「腰痛」の場合、電気を当てたり、体操やストレッチなどを用います。 一方、手技療法ではその症状が疲労によるものなのか、ストレスか、食生活か、 または身体の使い方によくない癖がついているせいか…等、様々な状況から見極め原因を探します。 身体は勝手に病気にはなりません。その原因がどこにあるかを一緒に考え、 健康と生活を改善していくことが治療の中心になります。

不調の原因はひとそれぞれですから、同じ治療ではなかなかはっきりした効果を期待することは難しいでしょう。 その人なりの原因を突き詰め、「身体を育てること」で、お身体の悩みをとっていくのが当院の「手技療法」なのです。 病院、整骨院、整体…どこへ行ってもなかなか改善しないお身体の悩みを抱えている方にこそ、一度当院の施術をお試しいただきたいと思います。







吉祥寺手技療法院 院長:平住 周恵
平住 周恵(ひらずみちかよし)近影
ご予約方法
お電話:0422-27-1196
営業時間:9:00~19:00(日・祝は定休)
お問合せフォーム(24h)はこちら